日帰りスキーバスに乗るまで

日帰りスキーの移動手段として、スキーバスを選択する人は多いです。


近場のスキー場なら、日帰りスキーバス一択と考えているケースが少なくありません。他に選択肢がない、と言えるほどの利便性の高さですから、それも道理と言えそうです。
利用者にとってはたいへん魅力的な日帰りの移動手段ですが、難点のひとつとして、集合場所のわかりづらさが挙げられます。



これはやむを得ない面がありますので、利用者がかなりの余裕を持って家を出るしかありません。


駅や空港と違い、ツアーバスの乗り場というのは、地元の人にもわからない場所にあります。

臨時に決められた場所であることもあり、周囲の人に聞くことはできません。事前にきちんと調べて、できればシミュレーションなどもしてから向かうことが望まれます。

@niftyニュースのお得情報を公開します。

問題は、似たような大型バスが、付近一帯に何十台も停まっているということです。


そのため見通しが悪く、集合場所がなかなか見つけづらい状況となります。
付近一帯と言っても、かなりの広範囲になりますので、つい、地図よりもバスのほうに目が行きがちになります。

あくまでも地図だけを頼りに目的地に向かうことを心掛けても、スマートフォンの画面は小さいため、パソコンの画面を見ている時のようなわけにはいきません。最終的には、ツアーバスのスタッフに電話して聞くことになりかねませんが、電話がすぐつながるとも限りません。他にも同じように場所がわからなくて困っている乗客がいる可能性が、高いからです。

日帰りスノボ情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。